包茎手術の費用面はどこまでかかるのか?

包茎手術をするということは、当然ながらお金がかかるということではありますよね。
しかし、中には提供しているクリニックでは激安を謳っているクリニックも存在するわけです。
では、費用相場について調べてみると治療方法によって異なる面があるため一概にはいえませんが大体大手で低価格で提供してくれるクリニックの場合で5万円から15万円くらいが目安になっています。
このうちかなりメジャーな治療法となっているCSカットについて書くと、これは仮性包茎の治療法です。
最初にクランプと呼ばれている器具を使って、レーザーメスで切除するというシンプルなやり方で包茎を改善していきます。
メリットとしては、医師の技術がそれほど高くなくても比較的簡単にできる安全な部類の手術で、5万円程度あればできてしまう場合が多いです。
もちろん、クリニックによっても価格に差があるのですが目安として覚えておくと良いでしょう。
カントン包茎や真性包茎を改善させる場合にはそれより15万円程度上乗せされるのが目安です。
健康保険はあまり対象になっていないことが多いですが、カントン包茎など一部については健康保険の対象になることもあるため費用面については相談してみるのがベターです。
まずは、迷ったときには相談をして把握するようにしておきましょう。

包茎手術にかかる費用とは?経験者が紹介!

包茎手術に興味がある人は多くいると思います。
一方でかかる費用への不安や恥ずかしさからその一歩を踏み出せずにいる方は多いのではないでしょうか。
実際に自分自身もその手術に強い興味をもちながら不安からその一歩を踏み出さずにいた1人です。
しかし最近思い切ってその一歩を踏み出してみたのです。
そこでその経験をみなさんに少し紹介したいと思います。
つたない文章にはなりますが自分の経験がコンプレックスを抱えながら人知れず悩んでいる誰かの役に立てば何よりの喜びです。
そもそも多くの人の疑問としてあるのが症状によってかかる費用が違ってくるのではないかということなのではないでしょうか。
ちなみに仮性包茎・カントン包茎・真性包茎などのさまざまな種類が存在する包茎は基本的にその種類によって治療費が違ってくることはあまりないようです。
一方で選択する手術の方法によってその値段が変わってきます。たとえばナイロン糸を使った場合には7万円ほどとなる一方吸収糸を使った場合はもう少し高く10万円ほどが相場と自分が診てもらった病院では言われました。
そして修正再手術を選択した場合は更に高く15万円ほどかかるそうです。なお、詳細はクリニックによって異なりますのであくまでこの情報は参考程度にご利用ください。

安い費用で包茎手術しました

男性がなかなか人に言えない悩みというのが下半身事情ですよね。
包茎手術を行いたいけれど、病院に行く事に抵抗してしまう、莫大な費用がかかってしまうのではないかと不安に感じている方も沢山いらっしゃるでしょう。
私もかつてはその中の一人でした。
何より手術を受ける事に躊躇ったのは費用の高さです。
料金を抑えるために泌尿器医院で保険適用手術を受ける事も出来ますが、その場合は跡が残ってしまったり不自然な形に仕上がってしまう可能性もあります。
安く受けられるとしても、後遺症として皮が突っ張ったり手術痕が残ってしまうのは避けたいですよね?
なのでやはり、専門とする病院で行うのがベストと言えるでしょう。
経験を積んだドクターが施術してくれるので、手術後も跡が残ってばれたり、下半身に違和感を感じる事なく出来ます。
その中で信頼出来る激安な病院で、包茎手術を受けてきました。
基本的な手術法は感情切開法という方法で、どこで受けてもハイクオリティな技術なので、最もコストを安く抑えられるクリニックに行きました。
ネットから申し込む事でウェブ割引が適用されるので、63000円という低価格で治療する事が出来たのです。術後も自然な仕上がりで、大満足でした。